シーロマン代表、福地裕文の過去の漂流体験で激レアさんに出演!漂流時の出来事を面白可笑しく紹介されていました。

 

激レアさん1

 

激レアさん2

 

現在もダイビング実習指導を行っている現役インストラクターです。

 

激レアさん3

 

伊豆七島の新島から銚子沖までの230キロを56時間流されて奇跡の生還を果たしました。

2泊3日の漂流ひとり旅のお話です。

 

激レアさん4

 

楽天家だったからこそ助かった福地の漂流体験の始まりです。

 

激レアさん5

 

まずはこれから・・・なぜ漂流したのでしょうか??

 

激レアさん6

 

漂流の理由を語る福地!

 

激レアさん7

 

漂流のキッカケとなったのが・・・海の中で出会った弱った大きなヒラマサ!

 

激レアさん8

 

このヒラマサが悲劇の始まりなのです。

このヒラマサを仲間たちに自慢しようと考えた福地は魚を腰にぶら下げて泳いでいた。

 

激レアさん9 激レアさん10

 

弱った大きなヒラマサを腰にぶら下げた状態の福地!船から離れたところに浮上してしまうが、島の周りにいた釣り人に気を使って大声を出さないで船が来るのを待っていた。この時、福地は大きなヒラマサをぶら下げていたので、釣れていなそうな釣り人に気を使ったようです。そのうち船が自分を迎えに来てくれるだろうと余裕もまだありました。

 

激レアさん11

 

福地がいなくなったことを知った奥様。みんなが海底に沈んでいるであろう福地を潜って探す!という中、生きて漂流しているはずだ!と飛行機をチャーターして空から福地を探した。

 

激レアさん12

 

漂流中!船や陸を探すために360度キョロキョロとしていたので、ウエットスーツで乳首が擦れてとても痛かったそうです。

 

激レアさん13

 

空から福地を探す奥様。福地も飛行機のエンジンの音は聞こえたとのこと。

しかし、飛行機からの発見には至らず・・・漂流は続くのです。

 

激レアさん14

 

漂流中に出会った小さなカニの話。流れてきたビーチサンダルに乗っていた小さなカニ!ポイっと投げても福地のところに戻ってくる!そのカニと友達になり二人で海を漂った。

 

激レアさん16

 

黒潮に流されていると気が付いた福地。銚子沖から太平洋の中心へと流されていったら・・・船の数は激減!生還は絶望的・・・・とてつもない恐怖が襲う!そんな時、突如目の前に体長5mのツチクジラが4頭現れる。

 

激レアさん17

 

そのクジラを追いかけて泳いでいるうちに黒潮の流れから脱した福地!

 

激レアさん18

 

そのクジラを追いかけて泳いでいるうちに黒潮の流れから脱した福地。

 

激レアさん19 激レアさん20

 

黒いスーツに黒い顔で海に浮いてた福地・・・オットセイに間違えられて、オットセイを獲りに戻ってきた漁師さんに助けてもらった。

 

激レアさん21

 

助けられた当時の福地! 若いし黒い! オットセイに間違われたのも納得の黒さです。

 

激レアさん22 激レアさん23

 

現在は、東京中野にある経営するダイビングショップ Sea Romanで現役インストラクターとしてダイバーを育てています。福地と一緒に潜りたい方は・・・是非!お越しください。

 

43周年サンキューキャンペーン!

インストラクター福地と一緒に潜りたい方は・・・只今キャンペーン実施中です!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ダイビングスクール SEA ROMAN
http://www.searoman.co.jp/
住所:東京都中野区本町5-37-11 飯田ビル1F
TEL:0120-67-0148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇